2012-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.24 (Fri)

有料トイレ

京都市が運営する有料トイレが廃止されるそうです。

有料トイレは、京都市内の阪急嵐山駅前と清水寺境内にあり、少し前までJR二条駅前にもあったようですが、ご存知だったでしょうか? 

私は存在すら知りませんでした。

このトイレは、冷暖房を完備し、便座・床の自動洗浄の機能を備え、1回あたり100円で20分間の利用ができるそうです。

ここ最近の嵐山と清水のトイレ利用者は、昨年の4月から11月の8ヶ月で6,200人とのことです。これを単純に年換算すると9,300人。京都市の年間売上は93万円(=9,300人×1回100円)となります。一方、設備のリース料や維持費が年間1,000万円掛るそうです。よって、907万円の損失です・・・

今後の廃止スケジュールは、嵐山駅前は5月の連休後に撤去、清水寺は9月ごろに無料トイレに改修する予定とのことなので、ご利用はお早めに!

それにしても税金を有効に使って頂きたいものです。




起業独立・会社設立をフルサポート
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:52  |  その他  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.22 (Wed)

中華料理

今日は、明後日24日、豊中市にオープンする中華料理店のレセプションにご招待いただきディナーフルコースをご馳走になってきました。

オーナーシェフは某有名ホテルの中華料理店にてシェフを務められた方で、本格的中華料理を堪能させていただきました。
中でも「白子入り麻婆豆腐」は私の麻婆豆腐感を変えるほどの美味でした。

次回はオーナーが大の得意とする点心を存分に堪能したいものです。

美味しい料理で栄養をチャージし、また明日から頑張れそうです。





相続税・贈与税・相続対策(節税・納税資金・遺産分割対策)なら
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
23:53  |  その他  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.21 (Tue)

時代の流れ

確定申告期も早一週間が過ぎようとしています。毎日がアッという間です。

最近ではあまりお見かけしませんが、今でもたまに手書きの伝票や出納帳や総勘定元帳を作成されているお客様がいらっしゃいます。手書きの帳簿はなかなか味があって、文字や数字に書いている人の性格や人柄が滲みでています。たまに字に癖があり過ぎて、読解不能なものもありますが・・・。それに比べ、会計ソフトから出力される帳票は画一的でとても味気ないものです。

この仕事を10年以上していますが、実務において、手書きの帳面を書いたことが一度もありません。簿記の試験勉強で帳簿組織について学んだ程度です。弊所では、100%、会計ソフトを導入しています。

誰しもそうですが、既存のやり方を止めて、新たにやり替えるには勇気がいります。新しいやり方に順応できるかという不安や、過去に自分が行ってきた業務を否定するようですごく抵抗感があります。そして切り替え時には膨大な時間と労力を要します。

手書きの帳面は味があっていいのですが、やはり帳簿から帳簿へと順々に転記を行い、集計も電卓等で人が行うため、どうしても間違いが生じやすくなります。会計ソフトを使うと1時間でできるものも手作業では2~3日かかるということもザラでしょう。

やはり時代の流れでしょうか。経理の効率化のことを考えると会計ソフトの導入は必須かと思われます。経理の省力化と作業効率を高め、経営分析や経営計画に時間を割き、間接的にですが売上に貢献できる経理部門が理想的かと思います。






事業計画策定・実行支援のご相談なら
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

23:58  |  会計・税務・経営  |  トラックバック:(1)  |  コメント:(0)

2012.02.19 (Sun)

経営者の手帳③

一般社員が求める経営者像・管理者像は次の31のことに該当する人である。

1、仕事が滅法できる人
2、明確な指示、アドバイスをしてくれる人
3、決断力のある人
4、任せてくれる人
5、聞く耳をもっている人
6、オープンな人
7、公平に見られる人
8、誠実で倫理観のある人
9、努力家、勉強家
10、チャンスを与えてくれる人
11、陰ひなたがない人
12、現場・末端を大切にしてくれる人
13、細かいことを言わない人
14、育ててくれる人
15、ネアカな人
16、責任をとってくれる人
17、リスクをとることを奨励してくれる人
18、個性や人格を尊重してくれる人
19、無茶を言わない人
20、信頼してくれる人
21、情熱をもってくれる人
22、公私混同しない人
23、自ら率先してくれるひと
24、フレキシブルな人
25、ロマンチスト
26、叱ってくれる人
27、外部に自慢できる人
28、情報、問題、目標、成果を共有してくれる人
29、ノミュニケーションをしてくれる人
30、誰よりも仕事をする人
31、自らの引き際を知っている人

もしこれに半数以上該当しないのであれば、その経営者は、潔くポストを明け渡すべきである。

(「経営者の手帳」あさ出版 坂本光司(著)100の言葉より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さんは何項目該当しましたか?

私は超甘めの自己採点でちょうど半分くらい該当でしょうか(汗) 

明日から精進します。





月に1回以上、無料相談実施中!!!
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
23:57  |  経営者の手帳  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.18 (Sat)

スターバックス

2月初めに当事務所のビルの1階にカフェがオープンしました。
コーヒー豆にこだわりを持つ若い女性が経営するお洒落で雰囲気の良いお店です。
お客の入りもよく好調な滑り出しのようです。

飲食業は一般的に原価率が低く(利益率が高く)、原価率が25~35%という飲食店もたくさんあります。その反面、人件費や家賃の比率は高くなる傾向にあります。

人気コーヒーチェーンのスターバックスを例にとると、昨年の決算では、原価率27%(利益率73%)となっています。そうしますと、定番商品のドリップコーヒー(ショートサイズ)は売価300円ですので、1杯当たりの原価は80円(利益は220円)となります。
上記の原価率27%には、ドリンクの原価だけでなく、原価率の高いフード類も含まれるため、ドリンクだけの原価率はもっと低くなると思われます。ドリンクだけの原価率はおそらく20%をきり、60円くらいではないでしょうか。
ちなみにドトールの原価率は50%ですので、スタバに比べ、20%も原価率が高いことになります。

スタバは「居心地の良い空間」を提供することが”売り”ですので、どうしても客の回転率が下がります。特に家賃の高い立地条件の良い場所では、他店に比べ回転率が低いと相当不利なように思います。
ただし、決算内容をみる限り絶好調ですので、利益率の高さが回転率の低さを十分にカバーできているということなのでしょうか。





相続税・贈与税・相続対策(節税・納税資金・遺産分割対策)なら
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
00:30  |  会計・税務・経営  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.17 (Fri)

ラーメン屋

寒い日が続くと温かいものが食べたくなります。
昼食はラーメン店に立ち寄ることにしました。
京都にはたくさんの名店がありますが、今日のお店も京都では有数の人気店であります。

ちょっと遅めのお昼でしたので、お店には私ともう一人しか客がいませんでした。
店に入ってオーダーを告げボーっとしていると、カウンターの向こう側から大きな怒鳴り声が聞こえてきました。
どうも店長らしき人物が新人社員にチャーシューの切り方を指導しているようです。
とても厳しい口調で「あと、1ミリ分厚く切らないと」、「もっとリズムよく」、「何回も言わせるな」などいろいろと聞こえてきます。
初めは「すごく厳しい店長だなぁ」と思っていましたが、ずっとやり取りを聞いていると、厳しさの中にも早く一人前にしてやりたいという店長の愛情みたいなものを感じました。
上手にできたところは満面の笑みで褒め、失敗したときは鬼の形相で叱る、人情味あふれる店長さんでした。

最近は、部下を叱れない管理職が増えていると言われています。
弊所の関与先でも同じような話をよく耳にします。
「叱り方がわからない。」、「叱ると辞めてしまう。」、「叱ると不貞腐される。」ということですが・・・

上司は、強い信念を持ち仕事に取り組み、部下を育てたいという愛情を持ってさえいれば問題ないと思います。
そんな甘いものではないのでしょうか?






起業・独立、会社設立のご相談なら
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
00:13  |  会計・税務・経営  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.16 (Thu)

無料相談会

今日は弊所にて無料相談会を開催しました。

所得税の確定申告期が近いということもあり、来所されたお二人は、起業間もない個人事業主の方でした。
短い時間ではございましたが、ご商売のこと、帳簿記帳の仕方、申告書の作成方法などについていろいろお話させていただきました。

弊所では、月に1日~2日程度、無料相談会を開催しております。

この相談会は、地域のために少しでもお役にたてればと言う趣旨で、今年1月からスタートしました。
どなた様もお気軽に来所していただければと思います。

相談内容は、会計・税務・経営に関することならどんな相談でもお受けいたします。
起業独立や会社設立に関すること、
会社の資金繰りや資金調達のこと、
事業計画や経営改善に関すること、
助成金のこと
相続税・相続対策・事業承継に関すること、
贈与に関すること
不動産売却にかかる税金のこと
等々。

いよいよ確定申告期間に突入します。
気合い入れて頑張ります!






相続税・贈与税・相続対策(節税・納税資金・遺産分割対策)なら
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
00:01  |  会計・税務・経営  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.15 (Wed)

ご縁

ここ最近、大変ご無沙汰してる方々から電話が立て続けにありました。

連絡をいただいた方々は、以前お世話になった方、サラリーマン時代に知合った方、大学時代の友人と様々です。日頃は年賀状くらいのお付き合いで突然の電話に少し驚きました。

電話の内容は、「従業員が独立起業するので面倒を見てやって欲しい。」、「関与税理士が高齢で引退するので代わりの税理士を探している。」、「上司が新しい会社を起こすのでサポートしてほしい。」と大変ありがたいお話ばかりです。

自分が個人事業主として独立してから、いろいろな方々に支えられているということを身にしみて感じています。
そういった方々のご支援やご紹介いただいた方々の期待に少しずつですが応えられるようにしなければなりません。
すべてのお客様に「良きご縁であった!」と思っていただけますように。



起業独立・会社設立のサポートなら
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
00:14  |  その他  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.14 (Tue)

パート労働者への社会保険適用拡大

最近、パート労働者への社会保険(健康保険・厚生年金)適用拡大の記事を新聞等でよく目にします

厚生労働省は13日、社会保険の加入基準を現行の週30時間以上から、週20時間以上に引き下げた場合、新たに370万人が社会保険に加入することになり、5,400億円の企業負担が発生するとの試算を公表しました。

社会保険料の負担増は、企業経営に深刻な打撃を与えることは明らか。特に経営基盤の弱い中小企業にとっては死活問題です。厚労省は激変緩和策として、従業員300人以下の中小企業で働く人を除外したり、年収80万円以上にする案を検討しているようですが、中小企業においても間接的に悪影響を受けることは必至です。

日頃、たくさんの中小零細企業オーナーとお会いしますが、度重なる社会保険料の負担の増加を嘆かれている方が多いです。この改正案が通れば更に増えることでしょう。

消費税増税に加えて社会保険料の負担増は、企業側だけでなく、家計にとっても相当厳しいものとなりそうです。




相続税・贈与税・相続対策(節税・納税資金・遺産分割対策)なら
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


00:30  |  会計・税務・経営  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.12 (Sun)

継続は力なり

今日は久しぶりに元同僚を誘いゴルフ練習場に行ってきました。

ゴルフは昨年秋に始めたばかりで、いわゆる超初心者、今日が5回目の練習です。

根拠はありませんが、なんとかゴルフを続けていけそうな気がしたので、年初に思い切ってゴルフセット一式を買い揃えました。ただ、ずっと仕事が忙しく、結局今日まで試し打ちに行くことができませんでした。

練習場に着くなり、ニュークラブを取り出し、意気揚々とボールを打ち始めますが、ボールがスライスしっ放しでどうにもなりません。打つこと100球過ぎたあたりから若干勘が戻り始め、少しマシになってはきたものの、もうすでに体力的に限界で・・・。

初心者に2ヶ月のブランクは長く、前回のレッスン時に教わったことは体がすっかり忘れきっていました。

なにごとも日々コツコツ努力の積み重ねですね。ゴルフの練習も会社の経営も「継続は力なり」ということでしょうか。




起業・独立、会社設立、法人成りをお考えなら
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

23:29  |  ゴルフ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.11 (Sat)

経営者の手帳②

経営者の仕事は、業績を高めるための仕事をすることではない。

経営者の最大の仕事は3つであり、そのためにこそ存在意義がある。

①社員を中心として、企業にかかわりのある全ての人々を幸せにするため、進むべき方向を全社員に明示すること。

②全社員が目標に向かって主体的努力を行えるような、良い職場環境を整備・充実すること

③後継者を発掘し、育てること。

この3つ以外は社員を信頼し任せればよい。

(「経営者の手帳」あさ出版 坂本光司(著)100の言葉より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中小企業の経営者は、経営者であると同時に、現場のトップをも兼務する場合が多いかと思います。この2つの立場は、明確に区分し、両立する必要があります。

また、経営者ならば、売上を伸ばし、コストを抑え、業績を上げることを目標にしがちであります。しかし、それは結果に過ぎません。掲げるべき目標は、一人ひとりの社員の力を最大限に引き出し、企業を継続させることにあるかと思います。



相続税・贈与税・相続対策(節税・納税資金・遺産分割対策)なら
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
23:24  |  経営者の手帳  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.09 (Thu)

確定申告期無料相談会

今日は、税務署主催の確定申告期無料相談会に従事してきました。

会場は、昨年と同じ、JR高槻駅近くの総合市民交流センターでした。当会場は、還付申告センターで、所得税の還付申告者の専用会場です。相談に訪れる方の90%が年金所得者であり、他は住宅ローン控除、医療費控除、株式譲渡損などを申告される方です。

朝、会場に入り感じたことは、昨年に比べ、相談者の数が少ないということです。昨年は会場入口の廊下に長蛇の列ができ、人が溢れ返っていました。ここ数日寒さが厳しいのでご年配の方々の足が遠のいているのか、電子申告が普及して自宅にて申告を済ます人が増えたのか、あるいは今年から公的年金の収入金額400万円以下の方は申告不要となる制度ができたためか、理由は分かりませんが、3割ほど少なく感じました。

毎年、相談会に参加させていただくと、たくさんの納税者の方にお会いします。お一人当たりとお話できるのはほんの僅かな時間ですが、全く知らない方とコミュニケーションを図ることは、日常の業務では味わえない新鮮味があります。平素からこのような機会がもっと増え、税理士として少しでも社会に貢献ができればと思います。

一緒に従事した税理士の先生、税務署職員の方、来場された納税者の方、お疲れ様でした。



月に一度、弊所にて≪無料相談会実施中≫
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
23:10  |  会計・税務・経営  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.09 (Thu)

プロパー融資

夕方、ある関与先から「プロパー融資が受けられることになった。」と連絡が入りました。

その関与先は新設法人で、創業に必要となる設備資金等を借り入れるべく、数週間前から金融機関に対して融資の申請を行っており、今日その融資審査の結果報告があったようです。

プロパー融資とは、一般的に、金融機関が融資を行う際に、信用保証協会の保証を付けず自らの判断で全リスクを負って行う融資のことを言います。
貸し手側の金融機関は、プロパー融資より保証協会の保証付きで融資したいのが本音でしょう。なぜなら、貸付が回収不能となっても、信用保証協会が焦付いた部分の80%を補てんしてくれ、金融機関の損害は最大でも20%に過ぎないからです。
よって、中小企業のうち、プロパー融資を受けられる会社は10~20%ほどと少なく、余程業績が良いか、担保力が高い場合に限られます。特に、新設法人の場合、最低でも2期経過するまではプロパー融資を行わないというスタンスの金融機関も多く、そのハードルは更に高くなります。

今回、ご支援いただいた某金融機関の期待に応えるために、必ず事業を成功させなければなりませんね!



融資支援・リスケ・金融機関折衝のことなら
京都市中京区(烏丸御池)の税理士 井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
01:33  |  会計・税務・経営  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.08 (Wed)

牛丼業界の御三家

吉野家HDの「吉野家」、ゼンショーHDの「すき家」、松屋フーズの「松屋」の1月度売上が出そろったようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

産経新聞 2月6日(月)15時41分配信

「吉野家1月前年割れ 牛丼大手3社そろってマイナス」

 吉野家ホールディングスが6日発表した、牛丼チェーン「吉野家」の1月の既存店売上高は前年同月比7.8%減と前月の4.4%増からマイナスに転じた。前年に創業111周年記念キャンペーンを実施した反動が出たという。
客単価は3.0%増だったが、客数が10.3%減となった。

 すでに発表した「すき家」の1月既存店売上高は4.8%減で5カ月連続の前年割れ、「松屋」も0.6%減で、牛丼大手3社がそろってマイナスとなった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 牛丼業界はデフレの救世主と言われてきましたが、値引きによる集客効果も薄れ、熾烈な値引き合戦による消耗戦もそろそろ限界でしょうか?

 有名な話ですが、テレビでもお馴染みの流通ジャーナリスト金子哲雄氏によると、吉野家の牛丼(並)1杯(売価380円)当たりの原材料費(牛肉、玉ねぎ、ご飯等)は137円、経費(人件費、家賃等)は238円だそうです。そうしますと、牛丼1杯当たりの利益は、売価380円-原材料費137円-経費238円=5円となります。薄利多売方式の典型ですね。

 3社の牛丼(並)1杯の売価は、吉野家380円に対して、すき家と松屋は280円です(吉野家も280円で牛鍋丼なるものを発売しましたが・・・)。吉野家はもともと他2社に比べ原価の高い肉を使用していますがイマイチ差別化できておらず、又、ここ数年において値引きのタイミングが悪く、どうも戦略が裏目にばかり出ているような気がします。学生時代から吉野家に一番お世話になっているので、なんとか昔の勢いを取り戻して欲しいものです。



融資支援・リスケ・金融機関折衝のことなら
京都市中京区(烏丸御池)の税理士 井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
01:34  |  ニュース  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.07 (Tue)

経営者の手帳①

50万部突破のベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」著者である坂本光司氏の書籍です。


経営者の手帳

「経営者の手帳」
働く・生きるモノサシを変える100の言葉
あさ出版 坂本光司(著)


お気に入りの一冊をご紹介します。

この本は、著者が20年ほど前から、経営者など多くのリーダーと会い、さまざまな人々の言動を見るなかで、感じたことや気付いてほしいことを言葉にし「語録」としてまとめたものです。1年前に購入したものですが、何度も読み返しました。著書は学者で実際の経営者ではありませんが鋭く経営の本質をついているような気がします。今日は100の言葉のうちから1つをご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「経営においては、常に”5人”の幸福を念じ、その実現を図らねばならない。」

 ここにいう5人とは、
  第1は、「社員とその家族」
  第2は、「下請け企業などの社外の社員とその家族」
  第3は、「現在虚客と未来顧客」
  第4は、「地域住民」
  第5は、「株主・出資者」である。

 このなかで特に重要なのが「社員とその家族」と「下請け企業などの社外の社員とその家族」である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これまでの経営学では「株主・出資者」や「現在顧客と未来顧客」を最重要とし、その満足度を高める経営が目標とされていましたが、それは誤りであると著書は言いきっています。

つまり、株主等や顧客の満足度を高めるのは、そもそも社員であるため、まずは社員の満足度を高める必要があるということです。

経営者が「社員のことを第一に考える経営」を行うと、社員も「自分の会社を大切にしたい」と思うことでしょう。



起業・独立、会社設立のご相談なら
京都市中京区(烏丸御池)の税理士 井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
01:25  |  経営者の手帳  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.06 (Mon)

京都市長選

京都市長選の投票に行ってきました。

門川大作氏の再選が確実となったようです。

投票率は37%程と、先日の大阪市長選の61%に比べると相当低く、京都市民としては残念な投票率です。

門川氏と言えば、徹底した「現地現場主義」をモットーに、市民と共に汗する「共汗」と市民の視点に立った政策の「融合」をキーワードに改革を推し進めています。

会社経営においても同じような考え方が必要なのではないでしょうか。


京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
00:44  |  ニュース  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.05 (Sun)

中小企業の数はどれくらいあるかご存知ですか? 

 総務庁「事業所・企業統計調査」によれば、中小企業数(会社数+個人事業者数)は、約432.6万社です。全企業数に占める割合は99.7%です。

 同調査によれば、中小企業の会社数は約150.8万社です。全会社数に占める割合は99.2%です。

 中小企業の活躍無くして、日本の景気回復はなさそうです。


京都市 中京区(烏丸御池)の税理士 井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
12:19  |  会計・税務・経営  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2012.02.04 (Sat)

ブログを始めました。

はじめまして、京都市中京区(烏丸御池)の税理士井谷です。

日々、中小零細企業や個人事業主を会計・税務・経営のあらゆる面からフルサポートすべく悪戦苦闘しています。

このブログでは、業務に関すること、それ以外にも話題のニュースや書籍についても書いていこうと思います。更新は不定期ですのでご了承ください。



京都市 中京区(烏丸御池)の税理士 井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


起業・独立・法人設立支援

融資支援・リスケ・金融機関折衝

助成金申請

事業計画策定・実行支援

相続税・贈与税・相続対策(節税対策・遺産分割対策・納税資金対策)

はお任せください。
22:47  |  その他  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。