2012-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.07 (Tue)

経営者の手帳①

50万部突破のベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」著者である坂本光司氏の書籍です。


経営者の手帳

「経営者の手帳」
働く・生きるモノサシを変える100の言葉
あさ出版 坂本光司(著)


お気に入りの一冊をご紹介します。

この本は、著者が20年ほど前から、経営者など多くのリーダーと会い、さまざまな人々の言動を見るなかで、感じたことや気付いてほしいことを言葉にし「語録」としてまとめたものです。1年前に購入したものですが、何度も読み返しました。著書は学者で実際の経営者ではありませんが鋭く経営の本質をついているような気がします。今日は100の言葉のうちから1つをご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「経営においては、常に”5人”の幸福を念じ、その実現を図らねばならない。」

 ここにいう5人とは、
  第1は、「社員とその家族」
  第2は、「下請け企業などの社外の社員とその家族」
  第3は、「現在虚客と未来顧客」
  第4は、「地域住民」
  第5は、「株主・出資者」である。

 このなかで特に重要なのが「社員とその家族」と「下請け企業などの社外の社員とその家族」である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これまでの経営学では「株主・出資者」や「現在顧客と未来顧客」を最重要とし、その満足度を高める経営が目標とされていましたが、それは誤りであると著書は言いきっています。

つまり、株主等や顧客の満足度を高めるのは、そもそも社員であるため、まずは社員の満足度を高める必要があるということです。

経営者が「社員のことを第一に考える経営」を行うと、社員も「自分の会社を大切にしたい」と思うことでしょう。



起業・独立、会社設立のご相談なら
京都市中京区(烏丸御池)の税理士 井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
01:25  |  経営者の手帳  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。