2018-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.21 (Tue)

時代の流れ

確定申告期も早一週間が過ぎようとしています。毎日がアッという間です。

最近ではあまりお見かけしませんが、今でもたまに手書きの伝票や出納帳や総勘定元帳を作成されているお客様がいらっしゃいます。手書きの帳簿はなかなか味があって、文字や数字に書いている人の性格や人柄が滲みでています。たまに字に癖があり過ぎて、読解不能なものもありますが・・・。それに比べ、会計ソフトから出力される帳票は画一的でとても味気ないものです。

この仕事を10年以上していますが、実務において、手書きの帳面を書いたことが一度もありません。簿記の試験勉強で帳簿組織について学んだ程度です。弊所では、100%、会計ソフトを導入しています。

誰しもそうですが、既存のやり方を止めて、新たにやり替えるには勇気がいります。新しいやり方に順応できるかという不安や、過去に自分が行ってきた業務を否定するようですごく抵抗感があります。そして切り替え時には膨大な時間と労力を要します。

手書きの帳面は味があっていいのですが、やはり帳簿から帳簿へと順々に転記を行い、集計も電卓等で人が行うため、どうしても間違いが生じやすくなります。会計ソフトを使うと1時間でできるものも手作業では2~3日かかるということもザラでしょう。

やはり時代の流れでしょうか。経理の効率化のことを考えると会計ソフトの導入は必須かと思われます。経理の省力化と作業効率を高め、経営分析や経営計画に時間を割き、間接的にですが売上に貢献できる経理部門が理想的かと思います。






事業計画策定・実行支援のご相談なら
京都市中京区(烏丸御池)の井谷吉宏税理士事務所へ

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
23:58  |  会計・税務・経営  |  トラックバック:(1)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://itanitax.blog.fc2.com/tb.php/16-a530b038

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

確定申告期も早一週間が過ぎようとしています。毎日がアッという間です。最近ではあまりお見かけしませんが、今でもたまに手書きの伝票や出納帳や総勘定元帳を作成されているお客様...
2012/04/01(日) 17:30:37 | まとめwoネタ速suru

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。